外観2.jpg

APOCシアター

一軒家のカフェ付きシアター

【お知らせ】

APOCシアターでもオンライン配信が出来るようになりました

新型コロナウイルス感染の影響により、エンターテイメント界も新たな局面を迎えることとなりました

配信によるパフォーマンスのご提供です

これは悲観的なものでは無く、むしろプラスアルファな機能と捉え前に進んでいければと思います
詳細は「オンライン配信システム」をご覧ください

お問い合わせ

info@apoc-theater.net

03-6321-7690

 
カフェ.jpg

APOCシアターについて

貸し劇場としてだけではなく、さまざまなアートや
アーティストが交流できる場をコンセプトに、
夫婦で立ち上げた一軒家のカフェシアター。
国籍や年齢、ジャンルを問わず、さまざまな企画(アート作品のプロデュース、
演劇その他のアトリエ開催、外国の劇団のプロデュース公演 etc…)を
アーティスト達と一緒に作っていく劇場。

特長

ヨーロッパの劇場スタイルによくみられるカフェバーを併設し、
ロビーとしての機能を充実、役者やお客様がゆったりと交流できる空間を提供。
例えば、
舞台が始まる前にちょっと一杯
終わったあとに役者たちと一杯
場合によっては芝居を観ながら一杯
その他、カフェスペースでアート作品の展示や販売も、おこなっていきます。

APOC = 「A Piece Of Cake」

建物の形がケーキの一片に似ているところから命名
個人(piece)が集まるとホール(hall)になる
アーティストもお客様も元は一個人、集まることでホールが出来る
※「A piece of cake」 は俗語で「へっちゃら」や「楽勝」という意味を持つ

観劇にお越しのお客様へ

当劇場の最大の特徴はカフェが併設されているところです。
日本ではまだまだめずらしいと思いますが、作品をより気楽に観ていただきたいという思いから作りました。
焙煎士がAPOCの為にブレンドしてくれた珈琲やオリジナルソフトドリンク、生ビールをはじめカクテルなどのアルコール類、

豆( ダル) カレーなどをご用意しています
※上演作品によっては観劇しながらお飲みいただける場合もございます
まだまだこれから充実させていきますので、この機会に是非ご利用ください

※現在お食事のご提供をお休みしております

再開の暁にはどうぞよろしくお願いいたします

ご利用について

APOCシアターは演劇公演をはじめ、ライブや自主映画上映会などでもご利用いただけます。
稽古場としてのご利用も行っておりますので、是非ご相談ください

詳しくは「利用案内」をご覧ください

 
sample_ omoteのコピー.png

アポックひとり芝居フェスティバル
『APOFES2022』

2021年1月15日(土)~2月6日(日)期間中の土日開催

「APOFES2022」は感染対策に細心の注意を払い行います
入り口での検温、消毒にご協力をお願いいたします

 
チラシタイスケ-3.png

【チケット】

2021年11月13日(土)予約販売開始

・ご来場チケット

1回公演チケット ¥1500 ※日時指定

5回公演チケット ¥5000   期間中使える回数券 ※ご本人様のみ有効

フリーチケット   ¥8500 期間中どの公演を何回でも観られる券 ※ご本人様のみ有効

ご来場チケット予約サイト

CoRich

https://ticket.corich.jp/apply/115243/


・配信チケット

1回公演チケット ¥1000 ※1週間アーカイブあり

配信チケット予約サイト

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02dnim7s2iz11.html

※期間中5組以上ご観劇のお客様はオーディエンス賞選考の権利があります

※ご来場チケットと配信チケットは予約のサイトが違いますのでご注意ください

 

プロフィール

五十音順
※下線があるお名前をクリックするとリンク先に飛びます

アナログ饅頭_edited.png

アナログ饅頭(作・演出・出演)


愉快な演劇体験をアナログポップな世界で

お届けする

ふわふわエンターテインメントユニット。

特技の図画工作を用いた演出や美術が特色。


2021年『TAKE2』

2019年『ダンボールの上でプリントを書くと穴が空く』

1月22日 17:30 / 1月30日 14:30
飯田 恭大.jpg

飯田 恭大(作・演出・出演)

別役実コント研修課にて別役実氏より

コントを学ぶ。

その後ナンセンスコメディ劇団

「ドアとドアノブとドアノブカヴァー」を

立ち上げ、作・演出・出演を担当。

代表作に「座薬じゃないが入れてみる」

など。

1月22日 16:00 / 1月29日 13:00
石澤&平沼.png

石澤希代子(出演)

4歳からバレエを始める。

早稲田大学演劇研究会にて

犬と串に入団。

退団後も積極的に活動を続け、

出演作は今作で75作品目。

根本宗子作品ではM&Oplays「クラッシャー女中」など、

多数の稽古場代役も務めた。

平井 隆也(作・演出)

北海道出身。1995年生まれ。

吉祥寺GORILLAという劇団の主宰。

脚本家、演出家、演出助手。

クロムモリブデンやKPR/開幕ペナントレース、劇団競泳水着など多くの団体のスタッフとしても活躍。

1月23日 13:00 / 2月6日 16:00
江花.jpg

江花 実里(出演)

新潟県生まれ、横浜育ち。

小学校からお芝居にハマり、現在は多摩美術大学時代の先輩の劇団「架空畳」に所属しています。

好きなものは、お酒と、チーズと、ラムネです。

身長は171センチ、現在も伸びています。

武重 守彦(作・演出)

東京都生まれ、名古屋育ち。

約10年の会社員生活を経て、フリーランスのライターとなったのを機に、演劇ユニット「めがね堂」の旗揚げに参加。

現在は脚本・演出担当であり、代表でもあり。

めがね、もちろんかけています。

1月30日 13:00 / 2月5日 19:00

大浦 孝明 

✖️ 酒井 雅史

大浦.jpg

大浦孝明(出演)

出演歴は、山の手事情社、ペンギンプルペイルバイルズ、空気ノ機械ノ尾ッポ、smoker's等。

近年は、かっぱ三兄弟、架空畳、宇吹萌作品。

俊敏さとユーモラスな芝居が特徴。


酒井 雅史(作・演出)

1982年生まれ。

演劇ユニット「多少婦人」で作・演出を担当。

大浦が様々な役者と取り組んできた二人芝居の作・演出も行っている。

1月29日 16:00 / 2月5日 13:00
寛祐.jpeg

寛祐(作・演出・出演)


寛祐(かんゆう)といいます。

流れ流れてここまで参りました。

昔は水のように形の無いものになりたいと思っていました。

師匠にはお前には根がないから迷うんだと言われました。

あれから随分経ちます。

その間、形のあるものを身に付けたいと思うようになりました。

しかし、それもまた過ぎ去って、今は全て自分なんじゃないかと思っています。

1月23日 17:30 / 1月30日 16:00
木村_edited.jpg

木村 夏子(演出・出演)

2004年よりつかこうへい氏に師事

(★☆北区つかこうへい劇団12期生)

現在はリガメント所属。

代表作はつかこうへい氏が自身のために書き下ろした『小夏の青春』『風を見た女』『売春捜査官』など。

1月22日 11:30 / 2月5日 17:30
くまがいじゃる_edited.jpg

くまがいじゃる(作・演出・出演)

ナンセンス歌ネタ芝居でおなじみの劇団ボンボヤージュ!の代表として脚本・演出などを担当。

平日はIT系の会社員。

本作では外回り中に突如腹痛に襲われ排泄欲と戦うサラリーマンを、膨大な歌や音楽と共に演じます。

1月15日 16:00 / 1月23日 11:30

蔵重 智【ライト・トラップ】

蔵重 智.jpg

蔵重 智(作・演出・出演)

ライト・トラップ主宰。

演出、脚本、照明、制作のスタッフワークから役者としても舞台出演で活動中。

また、インプロバイザー(即興役者)でもあり、各地で即興一人芝居を演じている。

1月15日 13:00 / 2月5日 16:00
桑野 緑_edited.jpg

桑野 緑(演出・出演)

俳優。フリー。東京都出身。

舞台を中心に活動。

過去の出演団体

演劇企画集団THE・ガジラ、tpt、など。


アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ

(原作)

劇作家、小説家、医師。ロシア帝国出身。

1月16日 14:30 / 2月5日 11:30
小林_edited.jpg

小林 四十(作・演出・出演)

宮城県石巻市出身。

2017年より自作の一人芝居「小林四十の一人でやってみた」を定期的に発表。

現在まで4本の作品を池袋シアターグリーンで公演。

故郷の石巻で「いしのまき演劇祭」にも参加。

最近では自身以外の俳優にも一人芝居の書き下ろしをする。

今回は新作『噺(はなし)の話し』を書き下ろしての参戦。

1月30日 19:00 / 2月6日 14:30

C-ma.Mia

✖️ サリngROCK

 【突劇金魚

C-ma.jpeg

C-ma.Mia(シーマ ミーア)(出演)

関東出身、岡山在住、表現活動は主に大阪のアーティスト。

役者だけでなく、BurlesqueDacerとしても関西を中心に多数のショーに出演している。

異色の経歴を持つ役者。

サリngROCK(作・演出)

作家、演出家、俳優

関西を拠点に活動する2人劇団「突劇金魚」の1人

大阪府東大阪市生まれ

1月29日 17:30 / 1月30日 11:30
須藤 正三_edited.jpg

須藤 正三 ( スドウ マサミツ )

(作・演出・出演)

北海道出身。

円演劇研究所卒業後、

舞台を中心に活動するほか、ドラマ、CM、VPなどにも出演。

ひとり芝居はイベントや単独ライブなどで活動中。

好きなものはビール、麺類。

1月16日 13:00 / 2月6日 17:30

田中 達也

【株式会社 Quick】

✖️ 白鳥 雄介 

Stokes/Park

田中達也.jpeg

田中 達也(出演)

東京都出身

舞台を始めて3年で60本以上の作品に出演し現在に至る。

2021年11月「ひとり舞台フェスティバル出演」まさかの連続フェスティバル出演。

ひとり芝居に挑戦中。

甘いものが好き。

白鳥 雄介(作・演出)

演劇ユニットStokes/Park主宰。作家。北海道札幌市出身。

「笑ゥせぇるすまん THE STAGE」脚本、

舞台「ナポリの男たち」脚本・演出。

大相撲の大ファンです。

1月15日 19:00 / 1月22日 13:00
千一.JPG

千一(ちい)(作・演出・出演)

18才渡英、22才来日すぐ「虚構の劇団」演出部に入り、東京藝術大学修士卒業後、多文化共生ユニット「鳴蒲牢」を創設。

演劇への愛で海をも渡る女であると自負している。

芸術性への矜持を捨てない上、如何に芸能性のある作品を作るか探っている。

1月15日 17:30 / 1月16日 19:00

中村 大地 ✖️ 西尾 友夏

中村 大地 × 西尾 友夏.JPG

中村 大地 (出演)

看護師


西尾 友夏(作・演出)

役者 WESSAP所属

1月23日 19:00 / 2月5日 14:30
松柴.JPG

松柴こーた(出演)

日本大学芸術学部映画学科演技コース卒業。

『少年Komplex』の劇団員として活動している。

在学中には路上で芝居を行い、一度に約120名の観客を集めた。

現在は映像,舞台問わず様々なフィールドで活動中。

大島あさひ(作・演出)

日本大学芸術学部映画学科演技コース卒業。23歳。

大学在学時に劇団「ワールド学園」を立ち上げ、全ての公演で脚本・演出を務めた。

今年の3月に卒業公演を行い、劇団は活動休止中。現在は一般企業で働いている。

1月16日 17:30 / 1月23日 14:30

守屋 百子 

✖️ 菊池 遥 【劇団女体盛り

守屋&菊池.png

守屋 百子(出演)※写真左

幼少期からモダンバレエを習い、表現の道へ。

桜美林大学入学後、演劇を演出家・劇作家の鐘下辰男氏に師事。

一度表現の道から離れるも、今年2021年からフリーで活動を再開。現在に至る。

菊池 遥(作・演出)

劇団女体盛り全ての脚本・演出を担当

1月15日 14:30 / 1月30日 17:30

山下 響 

✖️ 出雲 泥一 ✖️ 会田 光輝

山下響.jpeg

山下 響 (出演)

新卒 会社員 女

出雲 泥一(作)

どこにも存在しない不思議な脚本家

会田 光輝(演出)

どこにでもいる普通の演出家

1月16日 16:00 / 1月29日 11:30
ヤマシタマリカ .jpeg

ヤマシタマリカ(出演)

1998年11月10日生まれ 鹿児島県出身

2019年12月

劇団あしからず。

「おかしいか?なに、君だって。」

2020年9月

劇団あしからず。

「私は私なりの愛を一生懸命」

2021年4月

劇団あしからず。

「かならず生きていけるわ」

 百武 大輔(作・演出)

1997年3月22生

劇団あしからず。主宰

1月22日 19:00 / 2月6日 13:00
山田.jpg

山田 朝華(出演)

生年月日 8月3日

2019年よりフリーランスで活動中。

舞台(7本)、映画(2本)、ドラマ多数に出演。

脚・演の百武大輔とは’21年4月 「劇団あしからず。」公演より共に制作。

百武 大輔(作・演出)

1997年3月22日生

劇団あしからず。主宰

1月16日 11:30 / 1月22日 14:30
山中.png

山中 啓伍(出演)

劇団「柿喰う客」、劇団「犬猿も仲」に所属している。

主な出演作に、柿喰う客『滅多滅多』、舞台『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』、犬猿も仲『こことそことあそこの境目はどこ?』などがある。

犬猿も仲(作・演出)

2018年10月、横浜国立大学演劇研究会「劇団三日月座」の現役・OBにより結成。

『“考える”を娯楽に』をテーマに、観客の積極的な観劇へのエネルギーと集中力を必要とする独特な作風が特徴。

1月29日 19:00 / 2月6日 11:30
吉田 のゆり.JPG

吉田 のゆり(作・演出・出演)

小劇場を中心に活動。

タテヨコ企画、Peachboys、Ahwooo、HYP39など過去に40作品ほどに出演。

そのほか、主宰をしている演劇団体のびるにて脚本・演出・役者をしています。

2021年1月に初のひとり芝居を生配信で行う。

アーカイブ映像はYouTubeにて約1500回再生を記録中。

1月23日 16:00 / 1月29日 14:30
 

イベント

211119.jpg

2021年11月19日(金)~21日(日)

劇団フルタ丸
『ねむる広告塔』

都会のエアポケット「ビルの屋上」を舞台に起きる看板ナイトコメディー

【作・演出】

フルタジュン


【出演】

真帆・篠原友紀・清水洋介・フルタジュン

山田伊久磨・二ノ宮ゆい・松尾英太郎


【STORY】

ビジネス街に建つ廃れた中層の雑居ビル・夜光ビルヂング。

今やランドマークや高層ビルに隠れて、その姿すら見えない。

テナントに空室が目立ち始めた頃、屋上に広告看板を出す企業が増え始めた。

見下ろせる屋上は皮肉にも恰好の広告スペースとしての価値を高めていたのだった。

広告主たちは夜な夜な屋上に集い、自社の看板を肴に語らうようになった。

オトナ達の社交場はスマートに流れていた。

屋上にあの看板がやって来るまでは


【作・演出のフルタジュンより】

ビルの屋上は街に浮遊する“空中のステージ”だ。

青春期を過ぎたオトナにとって青春の延長戦が許された数少ない場所だと思う。

誰かが見ているかもしれない。

誰かに見られているかもしれない。

そんな屋上の気配が時にオトナを狂わせる。

人も社会も不寛容になってしまった現在、

愛すべき“みっともなさ”を笑って抱きしめたい


【日時】

11月19日(金)16:00開演/19:30開演

11月20日(土)13:00開演/17:00開演

11月21日(日)13:00開演/17:00開演


※受付開始は開演の35分前・開場は30分前

※開場時間より、整理番号順に会場内へご案内いたします。


【チケット】

日時指定・税込/全席自由・整理番号付き/未就学児の入場不可


前売:3,800円 

当日:4,000円

学割:2,000円(前売当日共通・要証明)

ギフトチケット:3,800円(枚数限定/詳細は下記記載)


【チケット取扱い】

カンフェティ http://confetti-web.com/furutamaru


【ギフトチケットとは】

枚数のみ指定して購入・プレゼントして、贈られた相手があとから日時指定できるチケットです。ギフトチケットでご予約いただいた場合、開演の5分前まで、舞台全体がよく観えるお席を確保してお待ちします。フルタ丸や舞台芸術に馴染みのない方に知っていただくきっかけとして、ご活用いただけますと幸いです。

〔ご参考〕舞台芸術ギフト化計画 http://fringe.jp/gift/


申込先:info@furutamaru.com

申込方法:件名を「ギフトチケット申込」とし、ご購入者名とご希望枚数をお送りください。

日時指定〆切:11月15日(月)18:00


【お問い合わせ】

WEB http://furutamaru.com

電話  080-4898-2002(フルタ丸)

メール info@furutamaru.com


【STAFF】

舞台監督:森貴裕(M.T.Lab)

照明:宮崎晶代

音響:水野裕(空間企画)

音楽:平野智子

舞台美術:泉真 

制作協力:大森晴香

アートディレクター:福田泰隆

宣伝美術・Web:SOY

写真:木村健太郎

協力(順不同・敬称略): ホリプロインターナショナル/アレ/劇団スパイスガーデン/LEVELS/レディオ湘南

主催・企画・製作:劇団フルタ丸/合同会社エンピツ

文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

211122.jpg

2021年11月22日(月)〜25日(木)

劇団HOT DOG CAT
『純情アイスティー』

【日時】
11月22日(月)

開場19:30/開演 20:00


11月23日(火・祝)

開場12:30/開演 13:00

開場16:30/開演 17:00


11月24日(水)

開場15:00/開演 15:30

開場19:30/開演 20:00


11月25日(木)

開場 13:30/開演 14:00

開場 18:00/開演 18:30

【チケット】

前売り 3,000円/当日 3,500円

※11月24日(水) 15:30公演および11月25日(木)14:00公演につきましては、当日1,000円キャッシュバックさせていただきます。


《チケット予約》

https://t.livepocket.jp/e/l_czm

211127.jpg

2021年11月27日(土)~12月5日(日)

『リチャードの指輪』

原作:友弥.(TOMOMI)

脚本:竜崎だいち

演出:目崎剛

◆キャスト◆


=team.Cake=

菅ひより

なつめかなで

 MisoraShimura 

くのりゆうき

小太刀賢(たすいち)

寺村拓也

とんか


=team.Soup=

幸村のぞみ(芸能事務所シャイニング)

高田結愛

迫田圭司

亀田彩香

DEW

東史子

 ◆公演スケジュール◆

27日(土)18時~C

28日(日)14時~S/18時~S

29日(月)18時~C

30日(火)18時~S

1日(水)14時~S/18時~C

2日(木)18時~C

3日(金)14時~C/18時~S

4日(土)14時~S/18時~C

5日(日)12~C/16時~S 


◆チケット料金◆

=劇場チケット=

前売り ¥4,800

当日  ¥5,300

劇場チケット購入ページ⇒ https://s.confetti-web.com/detail.php?tid=63484& 


=配信チケット=

¥3,000

1*配信期間2021年12月12日~12月31日

配信チケット購入ページ⇒ https://s.confetti-web.com/detail.php?tid=63607& 

◆スタッフ◆

原作:友弥.(TOMOMI)

脚本:竜崎だいち(羊とドラコ)

演出:目崎剛(たすいち)

作曲・演奏:喜田康二郎(EarlsCourt)、イマイユウ

照明:小野健(NEXT lighting)

劇場制作:鯵坂万智子(ACファクトリー)

Web製作:sue

宣伝美術:みつめ

企画運営:水も滴るレディcompany

211207.JPG

2021年12月7日(火)~12日(日)

スカレッティーナ演劇研究所 
2021 年 第一回本公演 
『Hôtel Ushiyama~サイゴンの夜~』

仏領インドシナのある港の日本人経営の牛山ホテル。S 商会出張所主任の真壁が 店に大穴をあけてこの町を去るにあたり、

落籍し同棲していた娼妓藤木さとを天草 の故郷に帰してやることを決めたものの、それが彼女の幸せかどうか思い悩んでい る。

その解決もつかぬまま、別れの時は刻一刻と近づいていた...


【キャスト】 

やまなか浩子 

アラタメアカリ 

三浦慶子 

花江藍 

小西優司 

千葉滋 

中塚智香子 

高村賢 

相楽信頼 

倉島聡 

佐古達哉 

大島祐也 

亜蘭 

坂口裕哉

【公演日時】

7日(火) 19:30開演
8日(水) 14:30開演 / 19:30開演
9日(木) 14:30開演 / 19:30開演

10日(金) 14:30開演 / 19:30開演

11日(土) 13:30開演 / 18:30開演

12日(日) 14:30開演


【チケット&物販】 

前売¥4000 

当日¥4400 

パンフレット¥1500 

デジタルパンフ¥500 

【スタッフ】 

原作・岸田國士『牛山ホテル』 

脚色・小西優司 

演出・小西優司 

音楽・仲条幸一 

照明・松村剛(ゴーライティングオフィス) 

音響・園田藍 

宣伝・若林裕司 

 

2021 年 12 月 15 日(水)~12 月 20 日(月) 


Mo’xtra Archive

『912・3R/3C・ス』

■脚本・演出 : 須貝英

211215-1.jpg

上巻:『リバース,リバース,リバース!』

■キャスト

寺田華佳
小口ふみか
橘花梨 

橋爪未萠里 

浅野千鶴

211215-2.jpg

下巻:『サイクルサークルクロニクル』

■キャスト

大澤彩未
小林桃香(露と枕)
高見駿 

西田真実子

東出薫

松本卓也

吉田紗也美

李勇雅

渡邉力

211215-3.jpg

■Extra Stage

■キャスト

15 日(水)19 時◇ 湯口光穂×月岡弘一
16 日(木)14 時◇ 齋藤陽介×綾乃彩×小口ふみか
16 日(木)19 時◆ 岩永彩
17 日(金)14 時◆ 鍛治本大樹×中野亜美
17 日(金)19 時◇ 佐藤みゆき×森崎健康(KAKUTA)
18 日(土)12 時◇ 渡邉とかげ
18 日(土)16 時◆ 湯口光穂×月岡弘一
18 日(土)20 時◇ 須貝英
19 日(日)12 時◆ 安川まり
19 日(日)16 時◇ 名取千明×大石憲×須貝英
19 日(日)20 時◆ 小野川晶×女子たち
20 日(月)13 時◆ 湯口光穂×月岡弘一

 

■タイムテーブル

◇『リバース,リバース,リバース!』 ◆『サイクルサークルクロニクル』

12月15日(水) 19 時開演◇
12月16日(木) 14 時開演◇/19 時開演◆
12月17日(金) 14 時◆/19 時◇
12月18日(土) 12 時◇/16 時◆/20 時◇ 

12月19日(日) 12 時◆/16 時◇/20 時◆ 

12月20日(月) 13 時◆/17 時◇ 

※上演時間は両作品共に 85 分を予定しております。
※各回終演後に Extra Stage として短編作品の上演がございます(20 日 17 時の回を除く)。

上演前に会場の換気と消毒を行います。
※受付開始は開演の 45 分前です。開場は「お先に割」のお客様は 30 分前、

それ以外のお客様は 15 分前 となります。

■チケット
上巻 前売・当日共に 3,700 円 /各種割引 前売 3,500 円

下巻 前売・当日共に 3,200 円 /各種割引 前売 3,000 円

※上記料金で Extra Stage の作品もご覧いただけます。 

□割引
○お先に割
事前振込でチケット料金から 200 円割引!さらに開演の 30 分前にご入場いただけます。 

○なるはや割
11 月 30 日(火)までのご予約でチケット料金から 200 円割引!ご入場は 15 分前となります。

ご観覧ステ ージの変更があっても割引は適用! 

○U-29 割
29 歳以下の方は前売・当日共にチケット料金から 200 円割引!ご入場は 15 分前となります。 

※振込手数料はお客様ご自身でご負担ください。
※なるはや割でご予約後に一旦キャンセルし、12 月 1 日以降に再度予約された場合、割引は適用されま せん。
※U-29 割でご予約のお客様は必ず受付にて年齢の証明できる身分証をご提示ください。

年齢が確認でき ない場合、割引は適用されません。 

上記 URL にアクセスし、必要事項をご記入の上ご送信ください。 


■予約フォーム 


https://www.quartet-online.net/ticket/7sojliy?m=0sfgfdd 

上記 URL にアクセスし、必要事項をご記入の上ご送信ください。

■Extra Stage上演作品

『ファーファーファーファー、ファーラウェイ』 湯口光穂×月岡弘一

『通ず』 齋藤陽介×綾乃彩×小口ふみか

『よく知らない、本当のこと。』 岩永彩

『最愛/Everything I Own』 鍛治本大樹×中野亜美

『カラオケの夜』 佐藤みゆき×森崎健康(KAKUTA)

『サンタマリア』 渡邉とかげ

『その夜』 須貝英

『今日も雨』 安川まり

『私の 1 ヶ月』 名取千明×大石憲×須貝英

『エイプリル』 小野川晶×女子たち

■スタッフ

舞台監督:森田祐吏

舞台協力:岩谷ちなつ

照明デザイン:稲田桂(ライティングカンパニーあかり組)

照明操作:沖野沙弥(舞台照明ヘリウムスリー)

音響:泉田雄太

音響操作:秋田雄治

演出助手:大石水月(劇団木霊)/堀江悟

ビジュアル撮影:岩永彩

メインビジュアルモデル:レベッカ

制作:佐野七海

■協力

佐野寛大/アニモプロデュース/イトーカンパニー/イマジネイション/N・F・B/KAKUTA/krei inc

/チーズ film/露と枕/Nabura/bamboo/フォセット・コンシェルジュ/舞台照明ヘリウムスリー/

マッシュ/ライティングカンパニーあかり組/APOC シアター/水天宮ピット

■主催

monophonic orchestra

■お問合せ

moxtrainfo@gmail.com

 
S__4628515.jpg

オンライン配信システム

APOCシアターでもオンライン配信を行って頂くことが可能となりました

東京は遠くて行けない、仕事の時間で都合がつかないなど観たいけど見られないお客様や、「演劇」に興味はあるけれど実際一人でチケットを取って行くのは難しいというお客様に観ていただけるチャンスです

※配信に伴い劇場(2階)に新たに光回線(5GHz)をご用意いたしました

※配信用のプラットフォームはVimeoをご使用いただけます

 

劇場常設配信設備

”コロナに負けるなキャンペーン″レンタル代無料!!
※配信用のスタッフは各団体様でご用意ください(サポートはいたします)

SONY HXR-NX80.png

4Kビデオカメラ

sony HXR-NX80

2台

SGM-PDII.jpg

ビデオ用マイク

SGM-PDII

2台

Libec TH-X.jpg

三脚

Libec TH-X

2台

Roland VR-1HD.jpg

スイッチャー(AV STREAMING MIXER)

Roland VR-1HD

1台

HDMI画面分割切替器.JPG

HDMI画面分割切替器

400-SW030

1台

ATEM Mini Pro.jpg

スイッチャー

ATEM Mini Pro

1台

MKE600−2.jpg

外付けマイク

MKE600

1台

モニター.jpg

モニター

16インチ

1台

配信用PC.png

配信用PC

GALLERIA GCL2060RGF-T

1台

APOC_映像配信_20200925.jpg

映像配信概要図

 Roland VR-1HDご利用の場合

ATEM Mini Proをご利用の場合は変わります

 
画像 16271.jpg

Showzen Kajima Gallery

1階カフェにはShowzen Kajimaが作った作品が多数ございます
ぜひ、こちらも合わせてお楽しみください

Showzen Kajima

黒澤明「乱」出演をきっかけに俳優として、映画、舞台、TV、CMなどで活動
2010年東京にカフェシアターをオープンさせると同時にアート製作を独学で始める
2018年3月東京で初個展、その秋シベリア鉄道で大陸を横断、ベルリンで個展、

19年夏にはベルリンでExhibitionに参加するなど活動の場を海外にも広げている

 
IMG_5294_edited.jpg
画像 16035_edited.jpg
IMG_5296_edited.jpg
CIMG0517_edited.jpg
IMG_5297_edited.jpg
IMG_5301_edited.jpg
画像 16487.jpg
画像 16505.jpg
IMG_5892.jpg
IMG_5880.jpg
IMG_5864.jpg
IMG_5890.jpg

APOCカフェ

公演中のカフェ営業は当面の間お飲み物のみとさせて頂きます
楽しみにしていただいているお客様、申し訳ございません

​DRINK

一部になります

・自家焙煎 APOC オリジナルブレンド                             400 yen

・CAFE LATTE                                                             550 yen

・CAFE MOCHA                                                          600 yen

・APOC特製ハニー・ジンジャー                                     550 yen

・紅茶(ダージリン/アールグレイ)                                         550 yen

・BEER<HEINEKEN>                                                              550 yen

・WINE<赤/白>                                                                         550 yen

・カクテル各種                             550yen                 

P1030398.JPG
IMGP0111.JPG

ORIGINAL DRINK

一部になります

・APOC特製バナナシェイク

・サニー・モーニング

<グレープフルーツ+クランベリー>

・カリビアン・ブルー

<ライムスカッシュ>

・ストロベリー・フィールド

<カルピスソーダ+ストロベリー>

・トロピカル・マンゴー

<ミルク+ココナッツ+マンゴー>

・自家製ジンジャエール

<ジンジャーソース+ライム+ソーダ>

​ALL 550 yen

                                                             

 

劇場内の換気についてとご利用団体様へのお願い

劇場内にも窓が数箇所ございます

空調換気システムもございますので、充分な換気をしていただけます

IMG_7798.JPG

場内背面下部

IMG_7799.JPG

3階ブース天窓

 

ご利用案内

基本使用料金

平日1日 ¥55,000税別

土日 祝日1日 ¥65,000税別

・使用料には、付帯設備、照明・音響機材使用料、光熱費が含まれています

※消費税増税の為、使用料金を外税にさせていただくことになりました
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします

※7日間以上のご予約の場合、一日1万円引きいたします

※かなりお得なリピーター割引あります 是非ご利用ください

※長期レンタル割引ございます
その他ライブや自主映画上映会などでもご利用いただけます、是非ご相談ください

※基本的にご利用期間が1日〜3日のみの場合、3ヶ月前からのご予約となります
※営業カレンダーに載っていない予定は劇場までお問合せください

※資料をご希望の方は下記のお問合せまでご連絡ください

ご利用時間

10:00~23:00

・時間外のご利用をご希望の場合はご相談下さい

キャパ

約45~60席(舞台の作り方によって変わります)

ご利用に際して

※当劇場は1階がカフェになっております
ご利用期間中、役者やスタッフの皆様には特別料金にてご提供いたしますので是非ご利用ください
打ち上げパーティープラン(要予約)も承っております
仕込み日のカレーなども承っておりますのでご利用ください(要予約)

稽古場利用について

1時間 = 1500yen
(当劇場での公演をご予約のお客様 1時間 = 1000 yen )

稽古場利用時間 11:00~22:00

※但し仕込みではご利用いただけません

※照明機材はご利用いただけません

※音響機材は簡単に音をだすぐらいでしたら大丈夫ですが、応相談になります
1階はカフェとして営業しています。ご予約は1ヶ月前からになります

お問合せ・お申し込みはこちら

info@apoc-theater.net
お電話の場合は03-6321-7690までお気軽にご連絡ください。

 

各資料

ダウンロードしてご利用ください

照明機材リスト

音響機材リスト

バトン図

 

APOC写真

 
外観.jpg

外観

夜バージョン

アクセス

東京都世田谷区桜丘5-47-4

小田急線千歳船橋駅下車 徒歩3分
株式会社アポック

03-6321-7690

03-6759-0567

  • Twitter
map更新200605.jpg