03-6321-7690

03-6759-0567

東京都世田谷区桜丘5-47-4

小田急線千歳船橋駅下車 徒歩3分

©2019 by APOCシアター。Wix.com で作成されました。

APOCシアター

一軒家のカフェ付きシアター

【ご観劇の皆様へ】

この度APOCシアターでは次亜塩素酸を噴霧して空間を除菌する機械を導入いたしました。

またアルコール拭き上げも引き続き行なって行きます。

ご観劇にいらっしゃるお客様の不安が少しでも軽減するように当劇場ではできる限りの対策でお待ちしております。

一日も早い終息を心から願っております。

 

APOCシアターについて

貸し劇場としてだけではなく、さまざまなアートや
アーティストが交流できる場をコンセプトに、
夫婦で立ち上げた一軒家のカフェシアター。
国籍や年齢、ジャンルを問わず、さまざまな企画(アート作品のプロデュース、
演劇その他のアトリエ開催、外国の劇団のプロデュース公演 etc…)を
アーティスト達と一緒に作っていく劇場。

特長

ヨーロッパの劇場スタイルによくみられるカフェバーを併設し、
ロビーとしての機能を充実、役者やお客様がゆったりと交流できる空間を提供。
例えば、
舞台が始まる前にちょっと一杯
終わったあとに役者たちと一杯
場合によっては芝居を観ながら一杯
その他、カフェスペースでアート作品の展示や販売も、おこなっていきます。

APOC = 「A Piece Of Cake」

建物の形がケーキの一片に似ているところから命名
個人(piece)が集まるとホール(hall)になる
アーティストもお客様も元は一個人、集まることでホールが出来る
※「A piece of cake」 は俗語で「へっちゃら」や「楽勝」という意味を持つ

観劇にお越しのお客様へ

当劇場の最大の特徴はカフェが併設されているところです。
日本ではまだまだめずらしいと思いますが、作品をより気楽に観ていただきたいという思いから作りました。
焙煎士がAPOCの為にブレンドしてくれた珈琲やオリジナルソフトドリンク、生ビールをはじめカクテルなどのアルコール類、

豆( ダル) カレー、ピラフ、などをご用意しています
※上演作品によっては観劇しながらお飲みいただける場合もございます
まだまだこれから充実させていきますので、この機会に是非ご利用ください

ご利用について

APOCシアターは演劇公演をはじめ、ライブや自主映画上映会などでもご利用いただけます。
稽古場としてのご利用も行っておりますので、是非ご相談ください

詳しくは「利用案内」をご覧ください

 

イベント

2020年4月10日(金)〜12日(日)

【お知らせ】

こちらの舞台は新型コロナウイルスの影響で延期となりました

楽しみにしていてくださった皆様、申し訳ございません

以下、代表の水上さんからのメッセージになります

「   MAKANIまにまにLANI

             こどものこえ 公演延期について


できる限り上演できるよう対策や準備をしていましたが、

新型コロナウイルス感染症の状況、東京都の方針を鑑み、

4月10日(金)~12日(日)にAPOCシアターで予定しておりました

全6公演を延期させていただくこととなりました。

既にご予約くださった皆様、観劇の予定を調整してくださった皆様にお詫び申し上げます。

この先、新型コロナウイルスの動向がどうなっていくかはわかりませんが、

できるならば2021年1月~4月のどこかで、今回の出演者で、今回のスタッフで、

APOCシアターで、上演できるように再び準備していきたいと思います。

時間が増えた分、絵本の演劇化、観て聴いて感じる読書について理解を深め

よりよい作品にしていきます。

公演の際は、ぜひ足を運んでいただけたら嬉しいです。

目に見えないものなので不安な日々ですが、基礎体力をあげて、

心の免疫力を高めて、健康を守っていきましょう。

どうか皆様、ご自愛ください。


                       2020年3月26日

                        MAKANIまにまにLANI

                                                           水上祐佳」

makaniまにまにlani

『こどものこえ』
構成・演出:水上祐佳

ねぇ、ほしをさがしにいこうよ
おほしさまって どんなかおりで、
どんなあじがするのかなぁ

ほしをみつけたら、
ひみつきちの たからばこのなかにいれて、
それは、わたしたちだけのひみつね

からすがないたら、かーえろ

また あした
おはなししようね

あーした てんきになーれ

絵本
「たまらんちゃん」(つぼいじゅり/金の星社)
「かっぱちゃんとこおにちゃんとおばけちゃん」
(マリマリマーチ/教育画劇)

演劇作品
「こどものこえ」(作・演出:水上祐佳)
3つのおはなし

【出演】

乙幡綾香(ESLシアタープロジェクト)

北内花実(海賊のように飲む会)

小林徳世

さわだ史乃(トカゲノセナカ)

福谷智子

松浦志帆

水上祐佳


KEYsiDE

伊藤辰哉(Pf)宮野下シリュウ(Mar)

【日時】

10日(金) 19:30開演

11日(土) 12:00開演/15:30開演/19:30開演

12日(日) 12:00開演/15:30開演

開場は開演の30分前です。

上演時間は約80分を予定しております。

【チケット】

一般:3300円

25歳以下:2500円(身分証をご提示ください)

小・中学生:1000円

幼児:500円

3歳未満:無料

2020年4月17日(金)~19日(日)

【お知らせ】

こちらの公演は延期となりました

楽しみにしてくださっていたお客様、申し訳ございません

以下、劇団からのメッセージになります


「かんづめズ長編朗読公演VOL.1

機械少女は坂鏡桃華の夢を見るか 公演延期のお知らせ


この度、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、ご来場

くださるお客様、キャスト、スタッフの安心安全を考え、

検討を重ねた結果、4月17日(金)~19日(日)に行われる

全公演を延期とさせていただくことになりました。


本公演を楽しみに、チケットをご予約してくださった皆様に心よりお詫び申し上げます。

感染拡大の収束のため、ご理解いただけると幸いです。

こんな状況の中でも沢山のご予約をいただきましたこと、感謝いたします。


延期の日程におきましては、新型コロナウイルス感染症の影響が無くなり

お客様が安心安全にご来場いただける時期を見極め、改めてお知らせいたします。


一刻も早い事態の収束と、皆様の日々の健康を心からお祈り申し上げます。

また劇場でお会いできることを楽しみにしています。



かんづめズ」

かんづめズ長編朗読公演vol.1
『機械少女は坂鏡桃華の夢をみるか』

【脚本】夢の味わい


【演出】サー・ウインド


【出演】

新井裕士

岡延明(ソニー・ミュージックアーティスツ) ※Bのみ出演


田口真実(サンミュージック)

せんす

桜羽萌子

嘉多中いお(三木プロダクション)

榑林里奈(ジールアビリティ)

北村真理奈

岡本芽子 ※Bのみ出演

後藤瑠美 ※Aのみ出演

桐山和久(ソニー・ミュージックアーティスツ)

戌岡あやめ ※Bのみ出演

大野トマレ(かんづめズ)

瀬川亜美(かんづめズ)

高橋由貴奈(wonderspace)


佐藤慧(ワイスプロダクション) ※Aのみ出演

【日時】

17日(金) 12:00開演(A)/19:00開演(A)

18日(土) 12:00開演(B)/19:00開演(B)

19日(日) 13:00開演(B)/17:00開演(A)


【チケット】

前売り/当日 3,500円

特典付きチケット5,000円

※全席自由席


【スタッフ】

ファンネル高田


【制作】かんづめズ

2020年4月20日(月)~23日(木)

入江雅人グレート一人芝居
『パンクスタイル9』

【作・演出・出演・照明・音響・舞台・受付】

入江雅人

【日時】

20日(月)19:30開演

21日(火)19:30開演

22日(水)19:30開演

23日(木)15:00開演

開場と受付は開演30分前

【チケット】

全席自由/当日精算 3000円・学割2000円

【予約】

19日18時から

 https://www.quartet-online.net/ticket/punk9

2020年4月25日(土)・26日(日)

劇団Elef 本公演

『雨上がり、傘を持って君は』

【脚本・演出】


山下 龍太


【あらすじ】


僕は君に惚れていた。

それも、初恋の相手だ。

教室で君が仲良く談笑している姿を見ては

ノートに絵として描き止める。

肩まで伸びた髪は、時には束ねられ、

露見した首元に つい目がいってしまう。

あっ、油断してあくびをしたね。

ダメだよ、君は常に見られて いるんだから。

授業が退屈になると

指先の爪を確認したり、時計を眺めて

まだならない チャイムを待ったりしてる君が

愛おしい。

僕が学校に来る理由は君であり、

君もまた、僕のために学校へ来ている。

それなのになぜ転校していったの? 

悲しいよ。僕は悲しい。


大人になった僕は、

すでに君のことなど忘れかけていた。


でも運命って言葉も

あながち馬鹿にはできないのかもね。

もしかして君から会いに来てくれたのかな?

嬉しいな、 ありがとう。

でも、隣を歩いているその男は誰だい? 

僕以外の男ともしかして......。 

いや、そんなはずはないよね? 

うん、だって君は僕が惚れた最初の女。

つまりは僕の女。

欲しい。欲しいよ。

お願いだから少し分けてよ。

あぁ、君の遺伝子が欲しい――。


【公演詳細】

https://sites.google.com/elef.page/elefhp/公演の詳細


【日時】


25日(土)

11:30  開演【A】

14:30 開演【B】

17:30 開演【A】


26日(日)

11:30  開演【B】

14:30 開演【A】

17:30 開演【B】



【チケット】


一律 3,500円

※要予約

※予約優先・席なくなり次第終了


【予約フォーム】

https://1drv.ms/w/s!AgAZyvahYW2BhR91XWlzMjxq1z8y


【お問い合わせ】

https://sites.google.com/elef.page/elefhp


info@elef.page

 

『APOFES2020』

オーディエンス賞及びスタッフ賞発表!!


オーディエンス賞

うんこ太郎【劇団どろんこプロレス】

『ポンコツ』


スタッフ賞

進藤 則夫【銀色天井秋田、情報発信基地】

『なまはげシラノ』


おめでとうございます!!!

 

APOFES2020出演者

五十音順

アイマル・ハコ【裃-這々】

・アイマル・ハコ【出演】

住居やゲストハウス等主に狭い場所での作品づくりを得意とする演劇ユニット「裃-這々」の主に演者を担当するユニット員。作中でものをたくさん食べるのが得意。

・加糖熱量【作・演出】

宗教っぽくて退廃的で若い感じがする作風のユニット「裃-這々」の主に作・演出担当。会話劇かと思いきや無駄を省きたがる脚本家、演者に息を止めさせる演出家。


・公演に向けて一言

2人ぼっちのユニットの、2人がメインとなり行う初の公演です。いつもは平均10畳くらいの空間でお芝居をやっているので、劇場でやるということになって、どきどきです。よろしくお願いいたします。

青山 真利子

Twitter:@cranes890

・青山 真利子【作・演出・出演】

1998年   俳優 渥美國泰氏の私塾で演技を学ぶ

2003年  劇団文化座入座

2015年   劇団文化座退座

2016年  ラフカット2016出演

2018年  サムライプロモーション所属 

映像作品『ウルトラマンタイガ』


・公演に向けて一言

劇団を退座してから、自分の表現の場として、

『I Pray -語りと音楽と芝居と-』という企画を立て、

友人のアーティストと共に創造してきました。

今回ひとり芝居フェス出演の機会を頂き、

『全てひとりでやる』挑戦をします‼️

綾香 詳三×早川 きょーじゅ×垣花 理恵子

綾香Twitter:@ayasho_

・綾香詳三【出演】

京楽座、横浜ボートシアターで俳優修行。中島敦やカフカ等を一人芝居として創作し、上演する。

今回は演出・垣花理恵子、ヴァイオリン・早川きょーじゅと江戸川乱歩に挑む。


・公演に向けて一言

昨年に引き続き、今年もアポフェスに参加します。今年は、江戸川乱歩と女性の役に初挑戦です。皆さん、お気軽に劇場に遊びに来てくださいませ。ウフフ…。

うんこ太郎【劇団どろんこプロレス】

うんこ太郎 Twitter:@fXlXW5cV7bCwBbQ

劇団どろんこプロレス Twitter:@doronko_prowres

・うんこ太郎【作・演出・出演】

劇団どろんこプロレス

主宰・脚本・演出・役者


・公演に向けて一言

なんか可哀想なので

笑ってやってください

江藤雲々

Twitter:@araarakimura

・江藤雲々(えとううんうん)【作・演出・出演】

はじめまして、江藤雲々と申します。こちらは世を忍ぶ仮の名で、うんうんとよみます。今回初めて脚本を書き、演出を自身でつけるということをやってしまいました。知り合いにそそのかされたのです。

本当に温かい目で見ていただけると幸甚であります。


・公演に向けて一言

本作品はほぼ実話になっているはずです。まだ、脚本ができていないため、わかりませんが、事実は小説より奇なりとも言いますのでおそらく変な話になると思います。

川久保 晴

Twitter:@mosaemosae

・川久保 晴【作・演出・出演】

川久保 晴、とかいて、かわくぼ さえ。

現在フリーで、カルシウムが人一倍豊富そうな、役者。

愛媛で生まれ、東京に来て4年経つも、垢抜ける気配のない、女優。


・公演に向けて一言

舞台は、演じる人も観る人も、「今」のその人なのがいいよなぁ、と、思ったりすることがあります。

今のわたしにしかできないことを、やります。

新年早々、50分の大攻め、どうかよろしくお願いします。

皮墓村【ZOMBIEJAPAN】

Twitter:@kawahakamura

・皮墓村(かわはかむら)【出演】

孤高のおじさん芸人。44歳・独身。

・木村 樹【作・演出】


・公演に向けて一言

これといった華やかな経歴はありません。こういう大人になったらヤバイ、という目線で温かく見守っていただけたら。自称芸人・生活の糧は主に居酒屋の店主としての収入です。

木船智貴

ブログ:https://ameblo.jp/a-kihoo

Twitter:@T_Kihoo  Instagram:i_kihoo

・木船智貴(きふねともたか)【作・演出・出演】

サーティースリーイヤーズオールドの木船智貴です。ベルマークをよく集めた小学生の頃は死体役。タイムリーな経歴は、専門学校尚美へ入学、演劇集団円付属研究所を経てフリー。ガードマンの仕事で上や下を知り、今も尚、円満に、俳優をしております。


・公演に向けて一言

人生において本を読めたことが無いのかもしれないと、僕は疑問と悩みを抱えていた。改善するヒントになったのが故・芥川比呂志が幼少期に父・龍之介のことを書いた作文でした。『羅生門』を底本にした作品をどうぞ。朗読ではありません。チケットは1500円。

進藤 則夫【銀色天井秋田、情報発信基地】

・進藤 則夫【作・演出・出演】

俳優、演出、脚本。秋田出身、足立区在住。秋田大学中退、桐朋学園演劇科卒。帰ってきたゑびす主宰。近年は銀色天井秋田を結成し秋田弁の芝居を創作上演している。二人の男児の父、二人とも母親似なので毎日が幸せ。


・公演に向けて一言

なぜ秋田弁なのか。既に地元の高校生にも秋田弁が通じなくなっています。自分達の世代を最後に秋田弁は消滅していくでしょう。自らが秋田弁を発していかねばなりません。舞台では秋田弁を音楽の様にと考えています。

鈴木 規純【マダムゴールドデュオ】

Twitter:@noriyoshi333

・鈴木 規純(すずき のりよし)【作・演出・出演】

2001年マダムゴールドデュオ結成

2003年演劇活動を休止

2018年「フルーツ家族」荻窪小劇場にて舞台復帰、現在に至る


・公演に向けて一言

中年になると、熱く夢を語ったり、熱く弱音を吐くと面倒くさがられる、カラオケも聞いてくれない

だから舞台で夢と弱音とカラオケの演劇

それがマダムゴールドデュオです‼️

須藤 正三

Twitter:@BinbutaJamu

・須藤 正三(すどう まさみつ)【作・演出・出演】

北海道出身

円演劇研修所卒業。17期生。

舞台を中心にジャンルを問わず様々な作品に出演してます。

一人芝居はイベントや単独ライブなどで活動中。

好きなものはビール、麺類、エビチリ。


・公演に向けて一言

初めてアポックひとり芝居フェスティバルに参加させて頂きます。

前回のアポフェスを観て、自分も出てみたいと思い応募しました。出演させて頂いてとても感謝してます。

新しい扉を開けてどんな景色が見えてくるのか楽しみです。

瀬尾 さよ子

Twitter:@sayoko_seo

・瀬尾 さよ子【作・演出・出演】

2009年より役者として活動を開始。主な出演は、五反田団『生きてるものか』、『ラフカット2010』、tpt80『袴垂れはどこだ』、TOKYOハンバーグ+ B.LET’S『セーラー服とブルーシート』、艶∞ポリス『だせぇ』、劇団一の会『フツーの生活』、コントユニットピラピラネッパ『やっぱりあれは、お前が悪い。』など。一人芝居やコントの戯曲創作、演出にも取り組んでいる。


・公演に向けて一言

タイトルは『大村湾ランドスケープ』。2019年はゆっくりだけど、とても深い、激動の一年でした。晴れた日に大きな入江をぐるっとまわって、ゆりかごに揺られる心地で眺めるような作品にしたいと思っています。

西嶋 咲紀×弓月 玲【共に劇団Q+】

西嶋Twitter:@saki_sake_suki   Instagram:saki_sake_suki

劇団Q+HP http://www.gekidan-q.com

・西嶋 咲紀【出演】

2012年より5年間、士剣流殺陣道場で殺陣を学び、2015年に役者として始動。仕事の傍らフリーで活動していたが、2017年より社会人劇団の劇団Q+に所属。年1回の本公演の他、年1~2回ペースで外部公演にも出演している。

・弓月 玲【演出】

2014年より劇団Q+に所属。同劇団のほか、中学校・高校の演劇部やサークル等に作品を提供。劇団内有志ユニットの公演では演出も手掛ける。2020年2月15・16日に同ユニット「ケーキ投函」公演に作演で参加予定。


・公演に向けて一言

今回演じるのは、詩人 中原中也の生涯を描いた劇団ムカシ玩具の13年前の作品です。原作と形は違えど、皆様に楽しんでいただけるよう、最後まで全力で足掻いていきます。どうかどうか、応援よろしくお願いします。

藤屋 安実【劇団藤一色】

劇団藤一色Twitter: @fuji_isshoku

・藤屋 安実【出演】

大学で本格的に演劇をはじめる。主に役者と衣装として、これまで20以上の公演を経験。自主企画では脚本や演出も行うなど、多才で多彩。中性的な見た目と個性的な言語感覚で、舞台上では唯一無二の存在感で漂う。

・遠藤 遥風【作】加藤 広祐【演出】

劇団藤一色の作家と演出家。作品づくりの根幹に、遠くないファンタジーをかかげ、二律背反の脚本と、爽快でエネルギッシュな演出は、記憶の中に、優しく、しかし、力強い印象を残す。


・公演に向けて一言 

初めまして。【ふじや あみ】と読みます。

社会人をしながら演劇を続けていこう、と決めた中で、

どう芝居と向き合うのか、

どう“演劇人”と向き合うのかを考えてました。

公演が終わる頃、何か答えが出ていることを期待して。

精一杯生きます。よろしくお願いします。

前田 健太

Twitter:@ace36m Instagram:kenta614.37

・前田 健太【作・演出・出演】

中学生の時にTEAM NACSと出会い、演劇に目覚める。大学入学の為に、上京し演劇部に入部。

卒業後は、芸能事務所の養成所に所属。しかし、芽が出ず、北海道へ帰省。

現在は、会社員として普通の生活を送る。


・公演に向けて一言

今回は5年ぶりに「APOFES」に出演させていただきます。私の地元・苫小牧市の現状を基にしたお話です。半分フィクション、もう半分は現実で抱えている真実です。どこがそうなのか想像しながら、最後までお楽しみください。

まるごとゆーと×鈴木ジェロニモ【共にプロダクション人力舎】

ゆーとTwitter :@marugoto_yuto Instagram:marugoto_yuto 

プロダクション人力舎公式HP  http://www.p-jinriki.com/sp

・まるごとゆーと【出演】写真左

プロダクション人力舎所属。ピン芸人。コントユニット 【シカゴ・ブルーズ】作,演出,出演。たまにお芝居したり、ヒマな日は絵を描いたり、映像を作ったり。1997年生まれ。沖縄県出身。高卒。

・鈴木ジェロニモ【演出】

プロダクション人力舎所属。

コンビ【コガラシガーナ】、コントユニット【シカゴ・ブルーズ】、オリジナルソングユニット【くぼ倉庫】として活動中。Instagramで短歌を投稿。栃木県出身。早稲田大学卒。


・公演に向けて一言

いつも【シカゴ・ブルーズ】で意識している『面白いお話、面白い見せ方、少しの笑い』が出来たらなーと思います!

よし笑うぞ。と思って観たら2割増しで笑えるかも!

三島 渓

Twitter:@mishima_kei  Instagram:mishima_kei

・三島 渓【作・演出・出演】

役者。静岡出身。高校演劇から芝居を初めかれこれ9年目。コメディ、シリアス、漫才、コント、なんでもやる。作・演出は今回が初めて。


・公演に向けて一言

芝居というものがよく分からなくなって毎日のように不安になります。だからちょっと向き合ってみようと思います。自分と、そのよく分からないモノと。物凄くドキドキワクワクしています。逃げも隠れもしないできない1時間、謹んで演じさせて頂きます。

宮村【セツコの豪遊】

・宮村【出演・演出・潤色】

APOフェスは2回目の参戦。前回は、谷崎潤一郎『痴人の愛』を潤色して上演。今回は脚本を書き下ろそうかとも考えました。が、やはり一人芝居は既存の作品の方がやりがいを感じるので、今回もそうします。


・公演に向けて一言

江戸川乱歩が二度目の休筆前に書いた作品『盲獣』に挑みます。この作品について乱歩は、「私の作品がエログロなどと言われるのは、こういう作品があるからだ」と言っていたとかいないとか。

横尾 宏美 × 永村 閏【劇団MAHOROBA+Α】

・横尾 宏美【出演】写真右

学生時代より8mm映画製作に参加。近年は舞台中心。利賀演劇人コンクール2014奨励賞。

舞台:Oi-SCALE、劇えうれか等。

映像:河内彰監督『幸福の目』、I to Youのある生活vol.9等。

・永村 閏【作・演出】

劇団MAHOROBA+α所属の脚本家・演出家・俳優。APOFES参加は4度目となる。

演劇未経験者むけのワークショップを埼玉県熊谷市で定期的に開催。

また、現在WEB上に作品を無料公開し、全国の劇団・演劇部に脚本を提供している。


・公演に向けて一言

初めてのひとり芝居にアポフェス常連作家とも言える永村閏作品で挑みます。

「私」が6つの時に手にした水槽にまつわる無邪気な告白の向かう先は…。

愛おしく残酷に余すところなく演じます。どうぞご期待ください。

わか まどか【モノノケ仕事】

Twitter:@1959waka

・わか まどか【作・演出・出演】

東京乾電池第一期研究生。劇団「permanent Monkey`s」に立ち上げから活動休止まで所属。現在は一人ほそぼそ~っと活動中。「モノノケ仕事」は自身のユニット。チャームポイントは(死んだ)サバのような目。


・公演に向けて一言

ひとり芝居・・こんな怖ろしい(!?)フェスに参加してしまった自分を責めております。毎回責めております。で・・4回目の参加となります。「アホなのか私はぁ!」と・・前回も言った気がします。アホです。楽しんで頑張ろうと思います。楽しんで頂けたらなあと思います。

 

APOCカフェ

1階カフェの一般営業は2月よりお休みさせて頂きます
公演期間中は今まで通り観劇のお客様用にオープンしますので、是非ご観劇の際はご利用ください
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします

​DRINK

一部になります

・自家焙煎 APOC オリジナルブレンド                             400 yen

・CAFE LATTE                                                             550 yen

・CAFE MOCHA                                                          600 yen

・APOC特製ハニー・ジンジャー                                     550 yen

・紅茶(ダージリン/アールグレイ)                                         550 yen

・BEER<HEINEKEN>                                                              550 yen

・WINE<赤/白>                                                                         550 yen

・カクテル各種                             550yen                 

P1030398.JPG
IMGP0111.JPG

ORIGINAL DRINK

一部になります

・APOC特製バナナシェイク

・サニー・モーニング

<グレープフルーツ+クランベリー>

・カリビアン・ブルー

<ライムスカッシュ>

・ストロベリー・フィールド

<カルピスソーダ+ストロベリー>

・トロピカル・マンゴー

<ミルク+ココナッツ+マンゴー>

・自家製ジンジャエール

<ジンジャーソース+ライム+ソーダ>

​ALL 550 yen

                                                             

FOOD

一部になります

・ダル<豆>カレー~豆たっぷりのヘルシーなカレー~
                                                               <サラダ付き>780 yen

                                                             ドリンクセット1050 yen

・キノコと海老のピラフ~3種類のキノコが入ったピラフ~
                                                               <サラダ付き>780 yen

                                                             ドリンクセット1050 yen

・トンテキ ~和風ガーリックソース~
                                                <ライス・サラダ付き>880 yen

                                                             ドリンクセット1150 yen

・ネギとキノコの照り焼きチキン~柚子胡椒風味~
                                                <ライス・サラダ付き>880 yen

                                                             ドリンクセット1150 yen

・ハーブチキングリル~特製デミグラスソース~
            <ライス・サラダ付き>880 yen

                                                             ドリンクセット1150 yen

P1030434.JPG
 

SHOWZEN KAJIMA GALLERY

1階カフェにはShowzen Kajimaが作った作品が多数ございます
ぜひ、こちらも合わせてお楽しみください

Showzen Kajima

黒澤明「乱」出演をきっかけに俳優として、映画、舞台、TV、CMなどで活動
2010年東京にカフェシアターをオープンさせると同時にアート製作を独学で始める
2018年3月東京で初個展、その秋シベリア鉄道で大陸を横断、ベルリンで個展、

19年夏にはベルリンでExhibitionに参加するなど活動の場を海外にも広げている

 

ご利用案内

基本使用料金

平日1日 ¥55,000税別

土日 祝日1日 ¥65,000税別

・使用料には、付帯設備、照明・音響機材使用料、光熱費が含まれています

※消費税増税の為、使用料金を外税にさせていただくことになりました
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします

※7日間以上のご予約の場合、一日1万円引きいたします

※かなりお得なリピーター割引あります 是非ご利用ください

※長期レンタル割引ございます
その他ライブや自主映画上映会などでもご利用いただけます、是非ご相談ください

※基本的にご利用期間が1日〜3日のみの場合、3ヶ月前からのご予約となります
※営業カレンダーに載っていない予定は劇場までお問合せください

※資料をご希望の方は下記のお問合せまでご連絡ください

ご利用時間

10:00~23:00

・時間外のご利用をご希望の場合はご相談下さい

キャパ

約45~60席(舞台の作り方によって変わります)

ご利用に際して

※当劇場は1階がカフェになっております
ご利用期間中、役者やスタッフの皆様には特別料金にてご提供いたしますので是非ご利用ください
打ち上げパーティープラン(要予約)も承っております
仕込み日のカレーなども承っておりますのでご利用ください(要予約)

稽古場利用について

1時間 = 1500yen
(当劇場での公演をご予約のお客様 1時間 = 1000 yen )

稽古場利用時間 11:00~22:00

※但し仕込みではご利用いただけません

※照明機材はご利用いただけません

※音響機材は簡単に音をだすぐらいでしたら大丈夫ですが、応相談になります
1階はカフェとして営業しています。ご予約は1ヶ月前からになります

お問合せ・お申し込みはこちら

info@apoc-theater.net
お電話の場合は03-6321-7690までお気軽にご連絡ください。

 

APOC写真

 

外観

夜バージョン

アクセス

東京都世田谷区桜丘5-47-4

小田急線千歳船橋駅下車 徒歩3分

03-6321-7690

03-6759-0567

map更新190101.jpg